読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Redmineで細かなバグの扱いで悩んだけど、使い方の改善だけでなんとかなりそう

1つあたり平均5分もあれば直せそうな細かなバグが数十個とか報告されて、Redmine上での扱いをどうしようか悩んだ。

Redmineの使い方は割と普通。デフォルトからあまりいじっていない。プラグインも入れていない。ちょっと変わっているのが、自分一人で使っているということくらいだけど、ま今回はあまり関係ない。

RedmineとGitの連携はしていないが、チケット単位でブランチを切っている。また、作業時間のログを別途取っているのだが、それもチケット単位で、かつ30分単位でやっている。

という感じの前提。

まず思ったのが、こんな報告一つにつきチケット一つなんて面倒臭えよ、ってこと。

ただ、なんとなく面倒臭えよと思ってるだけじゃ駄目なので、具体的になにを面倒臭いと感じているのか、考えてみた。考えたというよりただ思い付いたことをメモっただけか。

  • 細かなバグがたくさんある。
  • いちいちチケットにするの面倒。
  • ぜんぶチケットにしたら、わざわざブランチ切ったり、作業時間のログ切り替えたりするの面倒。
  • ぜんぶチケットにしても、同じ原因のバグとかどうするの。
  • Redmineのチケット一覧性いまいちなんでまとめた後に内容を確認するのが面倒。
  • Redmineのチケット、テンプレートとかなくて不定形になるのでそこも面倒。

こうして羅列したものを一つずつ、どうすればいいか考えていった。

  • 細かなバグがたくさんあるのは、面倒だけど仕方ない。
  • ブランチや作業時間のログとの不一致は俺の作業方法の問題。ただこれは、Redmineの親チケット機能でまとめればなんとかなりそう。
  • 同じ原因のバグは、後から重複チケットとしてまとめればいい。
  • チケット切ること自体の面倒さと、テンプレートがない件は、URLクエリでデフォルト値を突っ込む方法 http://atotto.hatenadiary.jp/entry/2013/08/27/212556 で緩和できそう。
  • 一覧性の問題は、カスタムクエリで頑張れ、かな。今回知ったが一応チケットの本文も一覧に出すことはできるっぽい。

ということで、ほとんどの問題は解決するか、完全にはしなくても緩和できそうだった。


特にオチもないのだが、つらいと思ったときに思っただけで終わってちゃ駄目だよね、という話。